等級プロテクト特約とは、現在では廃止されてしまった自動車保険の特約の一種です。2013年現在では、継続している人こそいるものの、新規に加入することは国内大手の損保会社の保険としては、ほぼ不可能になってしまいました。その内容とは、保険期間内の一回目の事故に限って、東急を据え置くというもの。ふつう、事故にあって保険料が支払われてしまうと、翌年の保険料の等級は三段階あがって、高額になってしまうのですが、等級プロテクト特約に入っていれば、初めての事故なら、保険料は翌年もそのままで許されるという特約です。たまたま一回不慣れな運転で事故を起こしてしまったとしても、それを肝に、その後真面目に事故のないよう運転を続けていけるのなら、保険料が据え置きですむというわけですから、新人ドライバーにとってはこの上もなく助かる特約だったようです。しかし現在、若者の自動車離れが進み、運転を行うのは高齢者が多くなってしまったため、交通事故が増加、保険料収入が減少しているという現状があります。そのような中では、保険料収入を増やすような努力が強いられるようになり、保険会社としてもやむなく等級プロテクト特約を廃止することになってしまったのです。
http://www.technotweaks.org/