» 2016 » 1月のブログ記事

個人再生をしても

| 未分類 |

不認可となってしまうケースがあるのです。個人再生をする場合には、返済計画案の提出が必要となりますが、これが裁判所で通らないと認めてもらえません。自然な事ですが、不認可となってしまえば、個人再生を行うのは無理です。

私は複数の消費者金融から借金をしていたのですが、返済できなくなり、債務整理をしました。

債務整理にも各種のやり方があって、私がやってみたのは自己破産というものです。

自己破産した後は借金が帳消しになりますので、気持ちが楽になりました。

任意整理が終わった後、任意整理の話し合いをした業者からお金を借りることは難しくなります。
借金を返せない状態になったら。
ただ、任意整理後、各種のところで借りたお金を全て返し終わったら、およそ5年から10年経てば信用情報機関に登録されたデータがすべて消されますので、それからは借金する事が出来るでしょう。借金を任意整理すると連帯保証人に負担がかかるという話を知っていますか。 自分自身で支払う必要がないという事は連帯保証人が代わって返済するという事になりますのです。
なので、その事をしっかり覚えておいて任意整理をするべきだという気がしますね。
債務整理をしても生命保険をやめなくて良いことがあったりします。
任意整理を実行しても生命保険をやめる必要はありません。注意しなくてはならないのは自己破産をする際です。

自己破産をすると生命保険を解約するように裁判所によって指示される場合があります。