自動車の自賠責保険

| 保険 |

自動車保険には必ず加入しなければならない自動車保険と、加入が義務づけられていない任意の自動車保険があります。自動車保険の種類の1つめは、全ての運転者が必ず加入しなければならない、加入することが義務づけられている、強制保険と呼ばれる保険です。この自動車保険を「自賠責保険」と呼びます。もうひとつは、加入することが任意となっている保険で、この保険は「任意保険」と呼ばれています。今日は前者の自賠責保険という自動車保険について見てみたいと思います。自賠責保険という自動車保険は、正式名称を自動車損害賠償責任保険といいます。この自賠責保険という自動車保険は、「交通事故の被害者が泣き寝入りをすることなく、最低限の補償を受けることができるように」と国が始めた保険制度のことです。公道を走る、全ての車やバイクに加入が義務付けられている自動車保険です。しかし、この自賠責保険という自動車保険は最低限の補償を目的とした自動車保険のため、補償内容も限度があるのです。例えば、万が一事故を起こしてしまった場合に、この自賠責保険で補償してくれるのは、相手の人が怪我や死亡した場合のみとなるのです。しかも、この補償額には限度額が設定されています。そのため、万が一の時に自分や同乗者を補償してくれる自動車保険が、任意保険となるのです。